はじめにお読みください

XActivate とは

AppleScript でアプリケーションをアクティブにする際は、すべてのウインドウが前面に持ってこられますが、XActivate はメインウインドウだけを前面に持ってくることなど、オプションを指定してアプリケーションプロセスをアクティブにできます。

アプリケーションを隠すこともできます。

内部で Cocoa の NSRunningApplication を使用しています。

Requirements

システム

スクリプティング機能追加

ヘルプの表示の仕方

XActivate の詳細なマニュアルは、XActivate.scptd のバンドル内に Help Book として収められています。HelpBook.osax をインストール後、スクリプトメニューから XActivate を実行してください。ヘルプビューアでマニュアルが表示されます。

インストール

スクリプティング機能追加 (HelpBook.osax)

HelpBook.osax をダウンドロードして、 付属のインストーラ を使ってインストールしてください。スクリプティング機能追加 は、

/ライブラリ/ScriptingAdditions/

もしくは、

ホームフォルダ/ライブラリ/ScriptingAdditions/

にインストールされます。

XActivate のインストール

XActivate.scptd は、

ホームフォルダ/ライブラリ/Script Libraries/

もしくは、

/ライブラリ/Script Libraries/

にコピーしてください。