はじめにお読みください

XDict とは

XFile はファイル操作(移動/削除、属性の取得などなど)に統一的なオブジェクト指向インターフェースを与えるAppleScript モジュールです。

AppleScript でのファイル操作はスクリプティング機能追加、Finder、System Evetns、シェルコマンドを駆使して行えますが、機能がいろんなところに分散していて非常に煩雑です。XFile はこれらを隠蔽して、よく整理されたインターフェースのファイルオブジェクトを導入します。

Requirements

システム

スクリプティング機能追加

依存モジュール

XDict とあわせてインストールしてください。

ヘルプの表示の仕方

XDict の詳細なマニュアルは、XDict.scptd のバンドル内に Help Book として収められています。HelpBook.osax をインストール後、スクリプトメニューから XDict を実行してください。ヘルプビューアでマニュアルが表示されます。

インストール

スクリプティング機能追加 (HelpBook.osax)

HelpBook.osax をダウンドロードして、 付属のインストーラ を使ってインストールしてください。スクリプティング機能追加 は、

/ライブラリ/ScriptingAdditions/

もしくは、

ホームフォルダ/ライブラリ/ScriptingAdditions/

にインストールされます。

XDict のインストール

XDict.scptd は、

ホームフォルダ/ライブラリ/Script Libraries/

もしくは、

/ライブラリ/Script Libraries/

にコピーしてください。