Open in Terminal とは

最前面のコンテキストに対応した working directory をターミナルで開きます。対象となる working directory が current working directory であるターミナルが

最前面のコンテキストとは・・・

このように、Open in Terminal は最前面のアプリケーションに依存した振る舞いをするので、バックグラウンドアプリケーションとして起動します。サービスメニュー、アプリケーションへの Drag & Drop による実行もサポートしています。様々な使い方ができるように設計されています。

また、同じ working directory のターミナルが存在する場合は、新しいターミナルを開かずに、既存のターミナルを前面に持ってきます。この機能の為に、ターミナルウインドウのタイトルにプロキシーアイコンが表示されている必要があります。