About

  • Macintosh の自作ソフトウェアを公開しています。
  • 配布しているアプリケーションは、すべてフリーウェアかつソースコードを公開しています。
  • コメント、不具合の報告、ご要望を待っています。

Donation

このサイトで配布しているソフトを常用されている方は寄付をお願いします。

Tags

2017.05.26

16:24:07Permanent Link

SortEngine 2.2 : クイックソートとバブルソート の AppleScript ライブラリ

クイックソートとバブルソートのアルゴリズムを内蔵し、オブジェクト指向インターフェースで動作をカスタマイズできるソートルーチンです。

  • OS X 10.9 で登場した AppleScript Libraries で使えるようにした。
  • ModuleLoader への依存性をなくした。
  • OS X 10.9 以降が必要です。

2017.05.09

15:51:34Permanent Link

XList 1.7.1 : Iterator, Queue, Stack として使えるAppleScript リストのラッパーオブジェクト

Iterator, Queue, Stack として使えるリストのラッパーオブジェクトを提供する AppleScript のモジュールです。

AppleScript のリストの欠けている機能の多くを補完します。

また、AppleScript のリストはリファレンスを経由して要素を参照しないと速度が大きく低下するという性質があります。XList は内部で、常にリファレンスを経由してリストにアクセスする為、常に良好な動作速度が得られます。

変更点:

  • ヘルプブック中の XText へのリンクが動作しない不具合を修正。

15:30:09Permanent Link

XText 1.3.1 : オブジェクト指向テキスト処理のAppleScript ライブラリ

XText は、AppleScript のテキストオブジェクトを拡張する、AppleScript ライブラリです。

文字列の置換や分割、空白の除去など、様々なテキスト操作をオブジェクト指向のスタイルで行うことができます。

変更点:

  • ヘルプブックの不具合を修正
    • XList へのリンクを修正。
    • サンプルコードのスクリプトリンクが動作しない不具合を修正。

2017.04.19

13:14:32Permanent Link

OSAX ModuleLoader 3.0.2 : AppleScript の近代的なライブラリシステム

ModuleLoader は AppleScript のライブラリシステムです。必要最小限の記述で外部のライブラリ/モジュールとしてのスクリプトをロードすることができます。

OS X 10.9 から AppleScript にライブラリ機能がサポートが追加されました(AppleScript Libraries) 。ModuleLoader は、それ以前の2006年から継続的に開発/メンテナンスされてきたライブラリシステムです。おおよそ AppleScript Libraries と同じことができます。

OS X 10.9 以降では、AppleScript Libraries がファーストチョイスになるでしょう。ModuleLoader は、AppleScript Libraries と共に使うことができ AppleScript Libraries に次のような機能を追加します。

  • コンパイル時にすべてのライブラリの読み込み、ライブラリを組み込んだまま保存できます。
    • ライブラリすべて property に収め、実行時のライブラリ及び ModuleLoader への依存性なくして、他のコンピュータへの配布に都合のスクリプトを簡単に作れます。
  • ライブラリを指定したタイミングで強制的にリロードさせることができます。
  • テキストファイルやアプレット、ドロップレットもモジュール/ライブラリとして扱えます。
  • 任意の場所をライブラリの検索場所に設定できます。
    • 幾つもの方法で非常に柔軟に扱えます。

変更点:

  • 間違ったライブラリを読み込んでしまうことがある不具合を修正。
    • ライブラリ名を後方一致ではなく、完全一致で探すようにした。

2017.04.14

09:45:42Permanent Link

XFile 1.7 : オブジェクト指向ファイル参照とファイル操作の AppleScript ライブラリ

XFile はファイル操作(移動/削除、属性の取得などなど)に統一的なオブジェクト指向インターフェースを与えるAppleScript モジュールです。

AppleScript でのファイル操作はスクリプティング機能追加、Finder、System Evetns、シェルコマンドを駆使して行えますが、機能がいろんなところに分散していて非常に煩雑です。XFile はこれらを隠蔽して、よく整理されたインターフェースのファイルオブジェクトを導入します。

変更点:

  • OS X 10.9 で導入された AppleScript Libraries として使えるようにした。
  • ModuleLoader.osax への依存性を無くした。
  • OS X 10.9 以降が必要になった。
  • ヘルプの更新。

< Previous Topics