About

  • Macintosh の自作ソフトウェアを公開しています。
  • 配布しているアプリケーションは、すべてフリーウェアかつソースコードを公開しています。
  • コメント、不具合の報告、ご要望を待っています。

Donation

このサイトで配布しているソフトを常用されている方は寄付をお願いします。

Tags

2018.01.18

14:26:47Permanent Link

PowerRenamer 3.4.2 : ファイルの名の一括変更

たくさんのファイルの名前を一度に変更するアプリケーションです。あるパターンにマッチしたファイル名の一部を、別の文字列に置き換える事ができます。正規表現を使った検索置換も行えます。またファイルが Finder で並んでいる順番で、番号付けを行えます。

Finder で選択されているファイルやフォルダに対して実行されるので、直感的かつすばやく操作する事ができると思います。一方で、実際にリネームを行う前に、リネーム結果をプレビューし、事前に確認を行うこともできます。

変更点:

  • コード署名の追加。
  • Sparkle フレームワークのアップデート。
  • Retina ディスプレイ対応。
  • アプリケーションアイコンの Retina ディスプレイ対応(gen59さん、ありがとうございました)。

2017.12.19

11:52:12Permanent Link

FileClipper 3.1.2 : クリップボード経由での、ファイルのコピー、移動、エイリアスファイル/シンボリックリンク/ハードリンクの作成

クリップボードに参照があるファイルをコピー、移動、エイリアスファイル/シンボリックリンク/ハードリンクの作成を行うアプリケーションです。Finder がクリップボードに入れるファイル参照を読み取りますので、コピー&ペーストの要領の自然な操作でさまざまなファイル操作を行えます。

変更点:

  • コード署名の追加。
  • 既存ファイルのエイリアスファイルでの上書きに失敗する不具合を修正。

2017.11.08

15:07:50Permanent Link

Open in Terminal 2.0.1 : 最前面のコンテキストに対応した working directory のターミナルを開きます

最前面のコンテキストに対応した working directory のターミナルを開きます。

同種のソフトはいくつかありますが、普通は Finder で選択されている場所に cd したターミナルを開くだけです。Finder ではなく、前面のアプリケーションの状態にあった場所に cd したターミナルを開きます。

  • 最前面のアプリケーションが Finder である場合、Finder で選択されている場所を working directory としたターミナルを開きます。
  • 最前面に何らかのファイルを開いているアプリケーションがある場合、そのファイルがある場所を working directory としたファイルを開きます。

同じ場所を開いているターミナルをが存在すれば、新しいターミナルを開くことなく、そのターミナルを前面に持ってきます。

変更点:

  • 「新規リモート接続」ウインドウを表示させるとエラーが発生する不具合を修正。
  • コード署名を追加。
  • Sparkle フレームワークを更新。

00:02:11Permanent Link

TerminalCommander 3.0.3 : ターミナルでのシェルコマンドの実行支援

ターミナルでのシェルコマンドの実行を支援する AppleScript モジュールです。以下のような、複雑な処理を行いたいときにこのスクリプトはお役に立てるでしょう。

  • ターミナルウィンドウを追跡して、同じターミナルで何度もシェルコマンドを実行したい。
  • シェルコマンドの終了を待ってから、次の処理に移りたい。
  • シェルコマンドを実行するターミナルのシェルを指定したい。
  • ターミナルウィンドウのタイトルの設定、もしくは設定セットを指定したい。

変更点:

  • 「新規リモート接続」ウインドウを表示させるとエラーが発生する不具合を修正。
  • ヘルプブックを更新。

2017.09.29

20:27:00Permanent Link

AppleScriptDoc 1.7.1 : AppleScript ライブラリのリファレンスマニュアルを生成

ライブラリ/モジュールとしての AppleScript のリファレンスマニュアルを生成するアプリケーションです。

ソースコードにかかれたコメントから、スクリプトのリファレンスマニュアルを HTML として出力します。バンドル形式のスクリプトの場合、バンドル内に(ヘルブビューアに表示する) Help Book としてリファレンスマニュアルをセットアップできます。

変更点:

  • @example によるスクリプトリンクの改善
    • コード中の「=」をパーセントエスケープするようにした。
  • ハンドラーページの「Edit Script」リンクとクリップボードアイコンのリンクが動作しない不具合を修正。
  • Sparkle フレームワークを更新。

< Previous Topics