About

  • Macintosh の自作ソフトウェアを公開しています。
  • 配布しているアプリケーションは、すべてフリーウェアかつソースコードを公開しています。
  • コメント、不具合の報告、ご要望を待っています。

Donation

このサイトで配布しているソフトを常用されている方は寄付をお願いします。

Tags

2020.03.31

16:50:38Permanent Link

SheepShaver をセットアップした話

懐かしの Mac OS 9 を動かしたくなって、PowerMac エミュレータである SheepShaver をセットアップした。

動かした所感としては、まあまあ、使える。マウスカーソールの動きが若干遅れるけど、マウスクリックが効かなくなって何度か強制終了せざるえなくなったけど、ちょろっと使う分には許容範囲。その中で、生活する気にはなれないけど、昔のデータを確認したり、ノスタルジーに浸る分には十分です。

そもそもの動機は、Mac OS 9 以前に作ったスクリプトのソースを覗きたかったこと。先日、Save Clipboard というクリップボードの内容にファイルに書き出すスクリプトを公開した。Mac OS 9 時代は、同じ用途の Clipboard Saver というのを公開していた。この昔のスクリプトでは、結構な数のスクリプティング機能追加を利用している。一体何のために、3つものスクリプティング機能追加を使っていたのか、確認したくて。

結果、書き出したファイルのクリエータコードとタイプコードを決定するために四苦八苦していることがわかった。Mac OS 9 までは、ファイルの拡張子に対して、デフォルトアプリケーションが関連付けされる仕組みはなかった。クリエータコードをファイルに設定しないと、ファイルを開くアプリケーションが決まらないので、データタイプに応じたクリエータコードとタイプコードを Internet Config を通じて取得していた。

クリエータコードが無視されるようになったのは Mac OS X 10.6 から。クリエータコードの変更で開くアプリケーションを自由に制御できるの仕組みは Mac ならではの便利機能だと思っていたので、無視されると聞いた時には悲嘆にくれた。しかし、拡張子ですべてを決定してしまう事は、プログラム側からは世界はずいぶんシンプルになり、いまさらながら悪くないかもと思えるようになった。

SheepShaver に興味がある人のために、ソフトウェアの入手先やセットアップの仕方のリンクをまとめます。

SheepShaver のダウンロード先

インストールとセットアップの仕方、必要なソフトのダウンロード先は、以下に全て書かれています。

Setting up SheepShaver for OSX/macOS on Intel Macs

結構な長文だけど、ちゃんと隅から隅まで読むことをオススメします。そうしないと、どこかで落とし穴にハマるかも。

上記のサイトで、Macintosh Garden という宝の山のホームページをしった。古い OS やソフトのインストール CD がダウンロードできる。ライセンスとしては違反しているのかもしれないけど、もういいんじゃないかと思う。

2020.03.30

23:02:51Permanent Link

Save Clipboard 1.0 : クリップボードの内容をファイルに保存

クリップボードの内容をファイルに保存します。

クリップボードの内容に応じて、保存される形式が変わります。JPEG2000, JPEG, PNG, PDF, テキストファイルとして保存できます。

使い方は簡単です。なんらかの方法(Spotlight、スクリプトメニュー、LaunchbarAlfred など)で実行してください。ファイル保存パネルが開かれるので、クリップボードデータのファイル名と保存場所を選択してください。

Mac OS 9 の頃にも、ほぼ同じ機能の Clipboard Saver を作りました。Mac OS X になって、同等のスクリプティング機能追加がないこともあって、移植できずお蔵入りしました。

最近、クリップボード中のスクリーンショットデータをわざわざプレビューで開かずに保存できたら作業が捗るかなと思い、再開発しました。結構便利に使えています。

2020.03.27

23:43:13Permanent Link

A.K. さん、寄付ありがとうございました。

ご支援いただきまことにありがとうございました。

174人目。

これまで、名字だけなら個人が特定されるということもないと考え、名字だけ書いてお礼を掲載していました。しかし、嫌がる方もいらっしゃるので、これからはイニシャルだけにしようかと思っています。

21:52:48Permanent Link

executable fcd 1.1.1r2 : Finder で選択されている場所に cd するシェルスクリプト&AppleScript

Finder で選択されている場所に cd する(ターミナルの working directoryを変更する)シェルスクリプト(中身はほとんどAppleScript)です。

ターミナルで 「fcd」とタイプするだけで、Finder で選択されている場所に簡単に移動できます。

zsh および bash 用の 「fcd.sh」と tcsh 用の「fcd.csh」が含まれています。

変更点:

  • 英語マニュアルを追加

2020.03.22

11:44:02Permanent Link

Open in Terminal 3.0.2 : 最前面のファイル/フォルダが working directory のターミナルを開く

設定したショートカットキーで最前面のコンテキストに対応した working directory のターミナルを開きます。

同種のソフトはいくつかありますが、普通は Finder で選択されている場所に cd したターミナルを開くだけです。Finder ではなく、前面のアプリケーションの状態にあった場所に cd したターミナルを開きます。

  • 最前面のアプリケーションが Finder である場合、Finder で選択されている場所を working directory としたターミナルを開きます。
  • 最前面に何らかのファイルを開いているアプリケーションがある場合、そのファイルがある場所を working directory としたファイルを開きます。

同じ場所を開いているターミナルがあれば、そのターミナルを前面に持ってきます。新しいターミナルが無駄に開かれることはありません。この機能を使うには、また、シェルの設定ファイル ~/.bashrc もしくは ~/.zshrc の設定が必要です。詳細は、マニュアルの「インストール」を参照してください。

変更点:

  • 「パッケージ内にターミナルを開く」オプションを追加。
    • 初期設定ウインドウの「パッケージ内にターミナルを開く」チェックボックスを ON にすると、アプリケーションパッケージや書類パッケージが選択される時、それを含むフォルダではなくパッケージ内を working directory にしたターミナルを開きます。

< Previous Topics