About

  • Macintosh の自作ソフトウェアを公開しています。
  • 配布しているアプリケーションは、すべてフリーウェアかつソースコードを公開しています。
  • コメント、不具合の報告、ご要望を待っています。

Donation

このサイトで配布しているソフトを常用されている方は寄付をお願いします。

Tags

2017.02.10

09:45:29Permanent Link

PathInfo 1.2.3 : オブジェクト指向のファイル参照

PathInfo は、ファイル参照の変換、およびファイルパスからの様々な情報の取得をオブジェクト指向でおこなえるようにする AppleScript ライブラリです。

AppleScript では、alias、File URL、POSIX パス、HFS パスなど様々なファイル参照形式が使われますが、これらを統一的に扱うことができるようになります。

2017.02.09

12:08:44Permanent Link

FrontAccess 1.4 : 最前面のアプリケーションと最前面のファイル参照を取得

最前面のアプリケーションの取得、およびそのアプリケーションで開いている最前面のファイル参照を取得するモジュールです。

GUI Scripting を利用して、以下のことを簡単にできるようにします。

  • 最前面のアプリケーションのさまざまな情報の取得
  • 最前面のアプリケーションで開かれている最前面の書類のファイル参照の取得
  • 最前面のアプリケーションで開かれている最前面の書類を保存して閉じること

特定のアプリケーションに依存せず、現在注目しているファイルを処理するスクリプトの作成に役に立ちます。

2017.02.04

08:58:01Permanent Link

PowerSelect 2.5.1 : Finder で選択されている場所で、条件にマッチしたファイルを検索/選択

PowerSelect は選択されているフォルダの中から、条件にマッチしたファイルを検索します。それらのすべて、もしくは一部だけ選択できます。

以下のような用途に便利です。

  • たくさんファイルを含んでいるフォルダからファイルを見つけ出したい。
  • ある条件にマッチしたファイルを選択して・・・・
    • コピーしたい
    • 移動させたい
    • 削除したい
    • 何かのアプリケーションに Drag&Drop したい
    • その他、何かの処理を行いたい

変更点:

  • コード署名の追加。
  • OS X 10.11 以降のリスト表示の Finder ウインドウでフォルダが選択されているとエラーが起きる不具合を修正。
  • 検索結果の表示テーブルのサイズの計算を正確にした。

2017.02.01

17:41:07Permanent Link

AppleScriptDoc 1.7 : AppleScript ライブラリのリファレンスマニュアルを生成

ライブラリ/モジュールとしての AppleScript のリファレンスマニュアルを生成するアプリケーションです。

ソースコードにかかれたコメントから、スクリプトのリファレンスマニュアルを HTML として出力します。バンドル形式のスクリプトの場合、バンドル内に(ヘルブビューアに表示する) Help Book としてリファレンスマニュアルをセットアップできます。

OS X 10.9 以降では、AppleScript ライブラリに sdef ファイルによる用語辞書をつけられることができるようになりましたね。しかし!sdef ファイルはめんどくさい。可読性最悪。

AppleScript をそれなりに使い続けていると、だれでもオレオレライブラリがたまってくるとおもいますが、それなりに使い方をメモしておかないと、実際使おうというときには使い方を忘れちゃいますよね。だって人間だもの。普通はコメントとして、記述しますよね。

AppleScriptDoc はそのコメントから、見栄えのする HTML を生成する。もちろん、ささやかなマークアップを用意している。サンプルを一目見ればすぐさま理解できる程度のものです。

コードに使い方をコメントとして併記して、そこからマニュアルの生成するというのは、メジャーなスクリプティング言語、Perl、Ruby、Python などで行われていることで、まったくもって AppleScriptDoc のオリジナルの考え方じゃない。よそで使われている便利な仕組みを AppleScript の世界にも持ってこようというのが AppleScriptDoc です。

昨年の夏ぐらいからリリースの準備をして、ようやく公開できました。ものすごい糞づまりを解消した気分です。

変更点:

  • コード署名を追加。
  • カスタムアイコンを設定。
  • 複数の @syntax タグをサポート。
  • @example タグを追加。
  • AppleScriptDoc が書かれたコメントの中で入れ子になったコメントをサポート。
  • 最近使ったファイルが存在しない場合のエラー処理を改善。
  • 「Help Book を設定」は、Mac OS X 10.6 で導入された新しいヘルプブックのバンドル構造を生成します。
  • 他、内部の多くの変更。

2016.12.28

14:59:59Permanent Link

InsertionLocator 1.3.3 : Finder で選択されている場所を、Finderより賢く決定して取得

Finder で選択されている場所を取得する AppleScript モジュールです。

Finder の insertion location プロパティは、常に Finder ウィンドウのトップレベルを意味します。選択されているフォルダやリスト表示で表示されているサブフォルダを取得したい場合もあるでしょう。InsertionLocator はそれらを取得することができます。そして、アプリケーションにあわせて細かい振る舞いをカスタマイズすることができます。

< Previous Topics