Home >Software >

必要なシステム

  • OS X 10.8以降
    • OS X 10.11.4 で開発/テストしています。

ダウンロード

Version 3.1.1 -- 2016-04-14

古いバージョン

FileClipper

クリップボードに参照があるファイルをコピー、移動、エイリアスファイル/シンボリックリンク/ハードリンクの作成を行うアプリケーションです。Finder がクリップボードに入れるファイル参照を読み取りますので、コピー&ペーストの要領の自然な操作でさまざまなファイル操作を行えます。

Mac OS X の Finder では、ファイルをクリップボード経由でのコピー&ペーストで、ファイルのコピーができるようになりました。しかし、ファイルの移動などのそれ以外の操作はできません。FileClipper を使えばファイルの移動に加えてエイリアスファイル/シンボリックリンクの作成が行えます。

ファイルのコピーや移動は、多くの場合ドラッグ&ドロップによって行われていると思いますが、ドラッグ&ドロップはコピー元とコピー先が同時にスクリーンに見えていないといけないのでスクリーン内でウィンドウが散らかりがちになってしまいますし、いちいちウィンドウの位置を調整しないといけないのは面倒以外の何者でもありません。ファイル操作がコピー&ペーストの要領で行うことができれば、そのような問題が(いくらかは)解決できると思います。

更新履歴

  • 3.1.1 -- 2016-04-14
    • OS X 10.10 以降で、Finder のリストビューのフォルダが選択されている時にエラーが起きる具合を修正。
    • FileClipper アプリケーションに行き先(コピー先、エイリアスファイル作成先など)のフォルダをドロップできるようにした。
  • 3.1 -- 2015-12-30
    • 内部の変更。
    • OS X 10.8 以降が必要になった。
    • OnMyCommandCM のサポートをやめた。
  • 3.0.9 -- 2012-07-07
    • 64 bit 環境で、プログレスインジケータやファイル保存パネルの位置が対象の Finder ウインドウの上に来ない不具合を修正。
    • サービスメニューが「ファイルとフォルダ」のカテゴリに属するようにした。
  • 3.0.8 -- 2011-12-20
    • Mac OS X 10.6 でリスト表示内のフォルダを選択していると、エラーが発生する不具合を修正。
    • 64bit でコンパイル。
  • 3.0.7 -- 2011-02-18
    • ここに移動/ここにコピーが、Subversion の woking copy の中の複数のファイルをコピー/移動できなかった不具合を修正。
    • ここにエイリアス/ここにシンボリック/ここにハードリンクで、リンクの製作場所に同名のファイルがある場合、ファイル保存パネルを開くようにした。
  • 3.0.6 -- 2011-01-16
    • 英語マニュアルを更新(Dirk さん、ありがとうございました)。
    • Subversion の woking copy の中のバージョン管理されていないファイルを扱った時に発生するエラーを修正。
    • 新規ファイル名を訪ねるダイアログを表示する時に、アプリケーションをアクティブにするようにした。
  • 3.0.5r1 -- 2010-01-22
    • フォルダアイコンをアップデート(ko-g さん、ありがとうございました)。
  • 3.0.5 -- 2010-01-04
    • アイコンをアップデート(ko-g さん、ありがとうございました)。
  • 3.0.4 -- 2009-11-09
    • 以下の条件の時にエラーが発生する不具合を修正。
      • Finder の表示オプションパレットが表示されている。
      • Finder の前面のウインドウにツールバーが表示されている。
      • Finder の前面のウインドウがリスト表示
      • フォルダが選択されている。
  • 3.0.3 -- 2009-11-03
    • Finder でフローティングパレットが表示されていると、エラーが発生することがある不具合を修正。
    • 「ここに移動」で svn mv ではなく、svn cp が実行される不具合を修正。
    • GUI スクリプティングが OFF の場合、システム環境設定を起動するのではなく、GUI スクリプティングを有効にする許可を求めるようにした。
  • 3.0.2 -- 2009-09-25
    • 「ここにハードリンク」のサービスメニュー名を修正。
  • 3.0.1 -- 2009-09-18
    • 「ここにハードリンク」のアイコンを追加しました(ko-g さん、ありがとうございました)。
    • 「ここに移動」の英語ローカライズ名が間違っていた不具合を修正(ko-g さん、ありがとうございました。)。
  • 3.0 -- 2009-09-16
    • マルチスレッド化。複数の処理を同時進行できるようにした。
    • サービスメニューに対応。
    • 処理をキャンセルできるようにした。
    • 「ここにコピー」「ここに移動」で、Subversion のサポート。
    • 「ここにハードリンク」を追加。
    • プログレスインジケータの下に、処理している項目名と場所を表示するようにした。
    • エラーウインドウの追加。
    • エイリアスファイルの作成に NDAlias を使用させてもらっています。
  • 2.1.3 -- 2009-03-22
    • Finder で表示オプションのフローティングウインドウを表示しているとエラーが発生する不具合を修正。
  • 2.1.2 -- 2008-08-15
    • Mac OS X 10.5 でファイルのコピー/移動/シンボリックリンクの作成を行った時に、Finder で新規ファイルの更新が行われない不具合を修正(ko-g さんありがとうございました)。
    • ko-g さんにアイコンを作っていただきました。
    • GUI スクリプティングが OFF の時のエラーメッセージをローカライズ
  • 2.1.1 -- 2008-05-21
    • フォルダのコピー/移動を行うとエラーが発生する不具合を修正
    • ファイルのコピー/移動に Finder ではなく、cp/mv コマンドを使うようにした。
  • 2.1 -- 2008-03-03
    • 今更ながら、Universal Binary 化。
    • POSIX path と見なせるクリップボード中のテキストをファイル参照として扱います。
    • GUI スクリプティングが使用可能になっている必要があります。
  • 2.0.1 -- 2006.03.21
    • Source Code フォルダ中の FileClipperLib を消去すると、「FileClipperLib はどこですか?」というメッセージが表示されることがある不具合を修正
  • 2.0 -- 2006.03.15
    • Finder がクリップボードに入れるファイル参照を読み取れるようになった
      • このため、Clip Selection が不要になった。
    • AppleScript Studio で実装し直した。
    • シンボリックリンクを作れるようにした。
  • 1.2.2 -- 2005.11.19
    • DOS format のディスクからのコピーの際にコピー先に同じ名前があると、エラーが発生する不具合に対処
    • OnMyCommandCM の launcher command を OnMyCommandCM 1.7b1 の物に更新
      • これにより、OnMyCommandeCM から起動したとき複数のファイルのコピーや移動ができなかった不具合に対処
  • 1.2.1 -- 2005.02.16
    • OnMyCommandCM から呼び出したとき、複数のファイルのコピー等ができなくなってしまう不具合を修正
    • クリップボードに適切な内容がない時は、メッセージを表示するようにした。
    • OnMyCommandCM 用の Launcher Command を含めるようにした。
  • 1.2 -- 2004.06.20
    • MacOS X 用に作り替えました。
  • 1.0.1 -- 2001.01.21
    • Paste Items 1.0.1
      • デスクトップにファイルをコピーできなかった不具合を修正
  • 1.0 -- 2000.04.17
    • 初公開