Home >Software >

必要なシステム

  • Perl 5.8.6
  • 必要な Perl モジュール(CPAN からインストールしてください)
    • HTML::Parser 3.40 以降
    • Class::Accessor
    • URI
    • HTTP::Headers (LWP に含まれています)

ダウンロード

Version 1.31 -- 2013-06-27

HTML::Copy

HTML ファイル 内のリンクを保持したまま HTML ファイルをコピーする Perl スクリプトです。コマンドラインツール「htmlcopy」と Perl Module 「HTML::Copy」から構成されています。

普通に HTML ファイルをコピーすると、そのファイル内の相対リンクは壊れてしまいます。htmlcopy を使ってファイルをコピーすると、すべてのリンクを適切に書き換えてコピーします。

Web サイトの管理や HTML の自動生成などに使えると思います。

CPAN に登録していますので、CPAN からダウンロード/インストールしてください。

更新履歴

  • 1.31 -- 2013-06-27
    • Cwd パッケージへの依存を無くした。
    • リンク先が見つからない URL はアンエスケープしません。
    • リンクの中に template toolkit の変数定義を無視します。
    • pod の中のスペルミスを修正(gregor herrmann さん、ありがとうございました。)。
    • Perl 5.18 で test に失敗する不具合を修正(gregor herrmann さん、ありがとうございました。)。
  • 1.3 -- 2008-02-20
    • Perl モジュールの method new, copy_to, parse_to でファイルパスだけでなくファイルハンドルも扱えるようにした。
    • htmlcopy で標準入出力を扱えるようにした。
  • 1.23 -- 2008.01.16
    • ソースファイルが開けない場合のエラー処理を追加。
  • 1.22 -- 2007.08.10
    • 必要なモジュールとして HTTP::Headers を追加。
  • 1.21 -- 2007.08.09
    • コピー先として directory を与えるとエラーが起きる不具合を修正
  • 1.2 -- 2007.06.02
    • XHTML に対応した。
    • base タグでしてされる URI を考慮してリンクの変換を行うようにした。
    • リンクの変換に File::Spec モジュールではなく URI モジュールを使うようにした。
      • たぶん、Windows などでも動作するようになったと思います(未確認)。
  • 1.13 -- 2007.03.22
    • 他のページへのアンカーへのリンクを処理できない不具合を修正
  • 1.12 -- 2007.02.22
    • POD の記述の間違いを修正
    • Class::Accessor を使うようにした。
    • ファイルが存在しない時に、おかしな warnning が表示される不具合を修正
  • 1.11 -- 2007.02.20
    • CPAN に登録した。
    • 一部 モジュールのインターフェースを変更
  • 1.0.4 -- 2007.02.11
    • HTML ファイルの encoding を考慮した処理を行うようにした。
  • 1.0.2 -- 2006.04.26
    • 存在しないファイルへのリンクは変更しないようにした。
    • コピー先として directory を受け付けるようにした。
  • 1.0 -- 2006.01.06
    • 初公開