Home >Software >

必要なシステム

  • Mac OS X 10.4 - 10.6
    • Mac OS X 10.5.8 で開発/テストしております。
  • スクリプティング機能追加
    • URI Escape
    • 添付のマニュアルに従ってインストールしてください。
  • GUI スクリプティング
    • GUI スクリプティングが使用可能に設定されている必要があります。
    • GUI スクリプティングが OFF の状態で起動すると、Rename It は GUI スクリプティングを ON にする許可を求めます。
    • もしくは、システム環境設定のユニバーサルアクセスで「補助装置にアクセスできるようにする」を ON にしてください。

ダウンロード

Version 1.0 -- 2010-12-20

Copy Path

Finder で選択されているファイルもしくは、最前面のアプリケーションで開いているファイルのパスをクリップボードにいれます。パス形式は HFS、POSIX、URL の中から選ぶことができます。

前面の書類を対象にしますから、バッククグラウンドで実行しなければなりません。そのため Copy Path はバックグラウンドアプリケーショーンとして動作します。起動しても、Dock にも表示されず、前面のアプリケーションも切り替わりません。

なんらかのランチャーユーティリティーから実行する必要があります。

  • Spotlight メニューから実行する。
  • スクリプトメニューから実行する。
  • Dock に登録して実行する。
  • DragThing とかに登録してショットカットキーを割り当てて実行する。
  • LaunchBar で実行する。
    • 「Hide Dock Icon」 でバックグラウンドアプリケーションにするか、「Nonactivating Mode」をONにする必要があります。
  • Quicksilver で実行する。
    • Quicksilver 自身をバックグラウンドで実行する為に「Show icon in dock」のオプションをオフにしてください。

起動すると、次のようにパス形式を選択するダイアログが表示されます。

選択された形式のパスがクリップボードに入れられます。Finder が前面にある場合は、Finder で選択されている項目を、それ以外のアプリケーションの場合は開いている書類のパスを取得します。

ところで、どなたかこのスクリプトにアイコンを作っていただけないでしょうか?

更新履歴

  • 1.0 -- 2010-10-28
    • 初公開